フィンランド式サウナ

「フィンランドのサウナで入浴しないと、フィンランドを実際に知ることはできません」と、フィンランドの一般的な知恵は語っています。そして、これは真実です。結局のところ、サウナは何千年も前、雨の滴が漏れた屋根から炉の赤い石の上に落ちたときにここに現れました。そして今のところ、大部分のフィンランドの家には、必然的に別のサウナがあります。これはフィンランド人のための神聖な場所で、女性が出産した子供たちは、出発した人の体に儀式を行い、最後の旅に出かける前に、古代の家族の伝統がまだ観察されている場所です。フィンランド人は、サウナが毒素の体と毛穴だけでなく、人間の魂も清潔にすると信じています。彼女は不必要な思考から切り離し、脳を瞑想する。統計によると、幼児から老年までのすべてのフィンは1日1〜2時間、90〜110度の温度で過ごします!おそらく、これは北欧のスカンジナビア人の気性と強いフィンランドの健康を説明します...

私たちは自由時間の村を創設して、それぞれのアパートメントに居心地の良いサウナをデザインすることはできませんでした。電気サウナは、迅速かつ容易に130℃の温度まで暖まり、長時間熱を保持します。不必要なものに参加することを可能にし、筋肉をリラックスさせ、頭を下げて生まれ変わる。